FC2ブログ

あらまぁ、まだお若いのに                      俳優、中山仁さんが死去 「サインはV」熱血鬼コーチ役

二時間ドラマにもちょくちょく出ていました。

https://kenbouhoushi.blog.fc2.com/?q=%E4%B8%AD%E5%B1%B1%E4%BB%81

中山仁と言えば何と言っても「サインはV」でフィーヴァーした人。

抜擢された岡田可愛のものが1969年からだから、知っている人は少ないだろうね。

私たち夫婦より年下の有名人がなくなると淋しい。


俳優、中山仁さんが死去 「サインはV」熱血鬼コーチ役
2019.11.11 17:03
 テレビドラマ「サインはV」のコーチ役などで活躍した俳優の中山仁(なかやま・じん、本名中山仁平=なかやま・じんぺい)さんが10月12日午後5時25分、肺腺がんのため東京都内の自宅で死去した。77歳。東京都出身。葬儀・告別式、お別れの会は故人の遺志で行わない。
 早稲田大中退後、文学座養成所に入り、劇団「NLT」を経て三島由紀夫らと「浪曼劇場」を設立。1960~70年代に放送されたバレーボールチームが舞台のスポ根ドラマ「サインはV」で、熱血鬼コーチ役を演じて全国に知られた。他の主な出演作にドラマ「七人の刑事」「ウルトラマン80」など。


Copyright (C) 2019 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.
スポンサーサイト



これでこそラテンのノリだ                      スペイン総選挙 極右が第3党に 多党分裂に拍車

VOX(「声」)の進展は喜ばしいが、カタルーニャの独立に反対するのは面白くないね。

でもいいじゃないですか。

これでこそラテンの血ですよ。

19世紀の音楽ですが、フランス人が書いた小説とフランス人が作曲したものからスペイン情緒を:



あんまりぴんと来ない演奏だが、なかなか他に見つけられなくて。。。

カルメンが働いていたたばこ工場は写真を撮れなかったのだが、バスから垣間見た:
https://kenbouhoushi.blog.fc2.com/blog-entry-20345.html

スペイン、観光旅行には実にいいところ。

また行ってみたい。

何の噺だかわからなくなってしまった、毎度のことで。







スペイン総選挙 極右が第3党に 多党分裂に拍車
2019.11.11 14:52 国際 欧州・ロシア


 【パリ=三井美奈】スペインで10日、総選挙の投開票が行われた。中央選管の集計(開票率99%)によると、下院(定数350)では極右「ボックス」(VOX)が議席を2倍以上増やし、第3党となった。サンチェス首相が率いる中道左派「社会労働党」は第一党を維持したものの過半数に至らず、政権不安の長期化は不可避となった。
 獲得議席は、社会労働党が120(現有123)、中道右派「国民党」が87(同66)、VOXが52(同24)の順。VOXは、カタルーニャ自治州で独立派のデモが暴徒化する中、分離主義に懸念を抱く有権者を吸収した。右派陣営ではVOXと国民党が票を伸ばす一方、同州が基盤の右派「シウダダノス」が10議席(同57)と低迷。左右両陣営とも、過半数の議席を獲得できなかった。
 スペインでは脆弱な少数政権が続き、総選挙は4年間で4度目。今年4月の前回選挙後、サンチェス首相は下院で信任に必要な支持を得られず、今回の再選挙となった。VOXは独立派政党の禁止などの強硬策を主張。前回選挙で初めて下院に進出した。
©2018 The Sankei Shimbun All rights reserved.

「女」という字を三つ重ねると「姦」という字になる          枝野代表を翻弄 山尾、塩村、石垣の立民・個性派3氏

そう、「姦通」の「姦」という字。 訓読みすると「かしましい」。

別に山尾志桜里をあてこすっているわけではありませんが。

揃って「共に元民主党」の面々。

いつまでたってもダメな私たちですね、と言うところで20世紀音楽の権威からは:



この唄は敏いとうとハッピーandブルーの歌とされていますが、作詞作曲は三浦弘なのです。ということで、フルコーラス歌ってはいませんが、作者ヴァージョンで。



枝野代表を翻弄 山尾、塩村、石垣の立民・個性派3氏
2019.11.11 19:50 政治 政局
img_2.jpg

立憲民主党の枝野幸男代表は足元の個性派議員に手を焼いている?(春名中撮影) (←差し替えさせていただきました。)
 立憲民主党の枝野幸男代表が、党の方針に沿わない女性議員たちに翻弄されている。山尾志桜里衆院議員が改憲論議に前向きな発言をすれば、塩村文夏参院議員は安倍晋三政権の対韓外交を批判。石垣のり子参院議員は消費税廃止を主張し、“ライバル”のれいわ新選組と歩調を合わせる。「多様性は力だ」と訴える枝野氏だが、足元の個性派には手を焼いているようだ。
 「国会で発言したら、代表に公の場で『不快感を表明』されてしまった、という事象をこのままスルーすると、党所属の普通の議員は普通に委縮(いしゅく)すると思う。これは本当に問題」。山尾氏は9日付のツイッターにこう記し、7日の衆院憲法審査会で活発な憲法論議を呼びかけた自身の発言に不快感を示した枝野氏に反論した。
 山尾氏は審査会の場で「手続きの議論が終わらない限り、憲法の中身に一切入れないのもおかしい」と主張したが、立民は安倍政権下の改憲論議に慎重な立場だ。枝野氏は7日の記者会見で「『山尾氏の発言は問題ではないか』との指摘もあり、議事録などを取り寄せ、本人の話もうかがっている。その結論を待ちたい」と述べた。
 7月の参院選で初当選した塩村氏は、4日付のツイッターで「失ったマーケットは二度と戻ってこない」などと発信し、安倍政権による半導体材料の対韓輸出管理厳格化に不満を表明。枝野氏は7日の記者会見で対韓外交について「日本政府の姿勢を支持する」と述べており、塩村氏の見解と方向性は一致していない。
 石垣氏は10月30日に「消費税は廃止」「最低でも5%への減税」と訴えるれいわの山本太郎代表らが共催する「消費税減税研究会」の初会合に出席した。立民は10%への増税に反対したものの、大幅な減税には慎重姿勢を崩していない。
 それでも、石垣氏は記者団を前に「私は宮城選挙区で『上げるべきは賃金であり、消費税ではない』と訴え、党公認候補として改選1人区の中で唯一、当選を勝ち得た人間だ」と述べて胸を張る。今後も消費税廃止を訴え続ける考えだ。
 3氏はいずれも発信力が強く、その主張は憲法、外交、消費税という根幹政策に関わる。対応を誤れば「バラバラ政党」ぶりが改めて浮き彫りとなることは避けられず、枝野氏の心境も穏やかではなさそうだ。 (←産経さん、いいんですよ、気を使わなくても。どうせもともと「共に元民主党」のバラバラグループなのですから。)
(千田恒弥)
©2018 The Sankei Shimbun All rights reserved.

石破君、もういい加減に他党へ移ったら?               石破氏、広がらない党内支持…政権を批判 改憲では持論に固執

wikiで石破茂を見ると、政党渡り鳥ぶりがよくわかる。

(自由民主党(渡辺派)→)
(改革の会→)
(新生党→)
(新進党→)
(無所属→)
自由民主党(渡辺派→額賀派→無派閥→石破派)


およそ、政治理念と言うか確固とした国家観がある人とは思われない。

また当てもない渡り鳥ぶりを発揮するときだよ, どこか受け入れてくれる政党があるとすればの噺だが。

It's high time to leave LDP, isn't it, Ishiba-kun?





石破氏、広がらない党内支持…政権を批判 改憲では持論に固執
2019.11.11 22:38 政治 政局


 「ポスト安倍」に意欲を示す(←なんか悪い冗談ではないの?)自民党の石破茂元幹事長の党内での支持が広がらない。挙党態勢で取り組む憲法改正をめぐり、党の改憲案に異論を唱えるなど批判的な姿勢を強めているためだ。最近は立憲民主党の山尾志桜里衆院議員らと憲法討論会で議論するなど野党議員との「共演」も目立つ。知名度が高く学園祭では人気の石破氏だが、「野党化」が進めば党内でのさらなる孤立が深まる。
 「われわれは内閣と自民党を支えるが、それはわれわれのためではない。国家や次の時代のため、全身全霊を尽くす」。石破氏は11日夜、東京都内のホテルで開いた自身のパーティーでこう述べた。
 安倍晋三首相に比べ、若年層の支持が劣るとされる石破氏は次期総裁選を見据えた対策に余念がない。先月20日の母校・慶大を皮切りに秋の学園祭シーズンに合わせて早大、日大など計4大学で講演。合間には学生らとの記念撮影に応じ、自身をアピールした。
 一方、「反安倍」を意識してか、党内では批判的な姿勢が目立つ。
「4項目の『たたき台』と、平成24年に党議決定している党草案はどういう関係に立つのか」。10月11日に党本部で開かれた憲法改正推進本部会合で石破氏は本部長の細田博之元幹事長に詰め寄った。
 自民党は平成30年に憲法9条への自衛隊明記など4項目の党改憲案を「たたき台素案」としてまとめ、党大会でも報告した。だが、石破氏は自民党が野党時代の24年に策定した憲法改正草案にこだわる。
 草案は、9条2項を削除して「国防軍」を創設するなど従来の自民党の主張を色濃く反映したものだ。党幹部は「草案を実現するに越したことはないが、野党や公明党の理解は得られない」と本音を明かす。
 一方で最近は野党議員とのイベント参加も多い。11月2日に東京・渋谷で開かれた憲法討論会で山尾氏や国民民主党の玉木雄一郎代表と議論した際には自民党改憲案に疑問を呈した。
 8日も立民の福山哲郎幹事長と都内で開かれたトークイベントに参加。首相が29年の都議選で演説を妨害する一部の聴衆に対し「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と発言をしたことを念頭に「『こんな人たち』みたいなことを言ったらいけない」と述べた。
 石破氏のこうした姿勢に党ベテラン議員はこう突き放した。
 「野党の人たちと政策実現をすればいい」
(奥原慎平)
©2018 The Sankei Shimbun All rights reserved.

臆病な犬ほどよく吠える                       香港で警官発砲、1人重体 催涙弾60発超 白バイ突入も

ご隣家では小型の犬を飼っている。

昼間家族がいなくなると、時々高い声で吠える。小さい犬だけに臆病でさみしがり屋だと思う。

醜金平や支那人という人種がどういう連中かということが、こういう狼藉沙汰でよくわかる。

香港人がChineseと呼ばれることに反吐を吐くほどの嫌悪感を持っているのがよくわかる。


香港で警官発砲、1人重体 催涙弾60発超 白バイ突入も
2019.11.11 20:15 国際 中国・台湾

 香港中心部の金融街セントラルで、警官隊が放った催涙弾の白煙から逃げる市民ら=11日(共同)
 【香港=藤本欣也】政府や警察への抗議活動が続く香港で11日、警官が若者2人に向けて実弾を3発発砲し、少なくとも1人が腹部を撃たれて重体に陥った。この日は主要道路に障害物を置いて交通を妨害する抗議活動が各地で行われたほか、一部の大学生や中・高校生が授業をボイコットした。警察当局は学生を取り締まるため、香港中文大の敷地内で60発以上の催涙弾を撃つなど混乱した。
 「逃亡犯条例」の改正問題に端を発した香港の一連のデモでは、警官の発砲でこれまでに男子高校生(18)と少年(14)が重傷を負っている。
 銃撃事件が起きたのは香港島東部の西湾河で、午前7時半(日本時間同8時半)ごろ。現場を撮影した映像によると、交差点の横断歩道で、警官が白服の若者を羽交い締めにしようとしていた際、近づいてくる黒服の若者に至近距離から発砲。黒服の若者が腹部を押さえて倒れた後、別の黒服の若者に向かっても2発発砲した。この若者が負傷したかは不明。2人は武器などを持っていなかった。
 香港島のビジネス街、中環(セントラル)では11日午後、警官の銃撃に抗議する会社員らに、警官隊が催涙弾を発射。外国人も被害を受けるなどした。九竜半島側でも同日、警察の白バイ1台が黒シャツを着た若者らのデモ隊に突入し、香港メディアによると2人が負傷した。けがの程度は不明。若者らは道路を封鎖していた。
©2018 The Sankei Shimbun All rights reserved.
プロフィール

憲坊法師

Author:憲坊法師
Yahooから引っ越してきました。
宜しくお願いいたします。

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
ご訪問ありがとうございます
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR